アドノシン

しじみに含まれるアドノシン

アドノシンは、しじみに含有する成分です。
この成分を摂取することにより、肝機能の向上効果が期待できます。
アドノシンを摂取すると、体にどの様な影響を与えるのか、また、アドノシンの他にしじみが体に与える影響はどの様な物があるのでしょう。

しじみからアドノシンを摂取すると、肝臓の中で、胆汁の分泌を促してくれます。
胆汁の役目は、摂取した脂肪を分解し、エネルギーとして使用出来るようにするための成分です。
食生活の中で、脂肪分の多い食事をすると、胆汁が多く出すぎてしまいます。
多く出過ぎてしまった胆汁は、胆管を塞ぎ、詰まらせてしまうのです。
もし、胆管が詰まってしまった場合、胆汁は全身を巡ります。
そのため、肝臓から遠い手足が黄色く変色し、体全体が黄色く変色して見えてくる症状が見えてきます。

これらの改善を行うのが、アドノシンです。
そして詰まってしまった胆管の改善を行うのが、しじみに含有している成分であるタウリンやメチオニン、シスチンになります。
しかし現在人の食卓には、しじみの味噌汁が出てくる割合は少なくなってきているという統計があります。
ですが、サプリメントなど形を変えた状態で販売されているので、しじみ成分を適量摂取して、肝機能を回復させ、健康な体を維持してみましょう。

アデノシンは核酸の一種で発毛因子を多く作り出すといわれています。
つまりしじみで育毛効果が期待できるのです。
さらにしじみには疲労回復効果もあるので、抜毛の原因にも多いストレスの緩和に役立ちます。

アドノシンなどの特定の食材から摂取する事が望ましい場合、食材の知識が必要になります。
手軽に摂取出来るようにサプリメントも販売されているので、手軽にアドノシンを適量摂取できます。

重要なことは、毎日継続することです。
症状が悪くなってから慌ててサプリメントを飲んだからといって即効性はありません。
まずは毎日の食生活を見直してみましょう。 また、気になるしじみとレバー鉄分の比較についても知っておきましょう。